翻訳本〜外国語に翻訳された本を買ってみた

最近、復刻された本の一覧

最近、復刻された本の一覧です。復刻されるくらいなら翻訳されるかも。

復刻
きりひと讃歌 オリジナル版

手塚 治虫(TEZUKA Osamu)


この作品は、天才外科医・桐人とその双子の弟・零を中心に、医療倫理、善と悪、人間の欲望などのテーマを深く掘り下げています。本オリジナル版では、雑誌掲載時の表現やレイアウトが忠実に再現されており、手塚治虫の原稿をそのまま味わうことができます。緻密な描き込みや大胆な構図、独特のタッチは、手塚治虫の芸術性と情熱を感じさせます。さらに、この作品は単に医療ドラマにとどまらず、ミステリーやサスペンスの要素も盛り込まれており、予想外の展開と深い人間ドラマが読者を魅了します。


ガンヘッド・メカニクス[復刻版]

ホビージャパン編集部(Hobby Japan Editorial Department)


1989年『ガンヘッド』公開当時に刊行した『ガンヘッド・メカニクス』が公開35周年を記念して、高解像度スキャン技術で復活!


ガンヘッド コンプリーション

ホビージャパン編集部(Hobby Japan Editorial Department)


2013年に発売された『ガンヘッド パーフェクション』を増補改訂したものです。


世間と人間 復刻版

三淵 忠彦(MIBUCHI Tadahiko)


三淵忠彦氏の鮮やかな筆致が織りなす、知的で洗練された一冊です。この復刻版は、現代にも通じる深い洞察力とユーモアを兼ね備えたエッセイ集となっています。
三淵忠彦氏の文章は、読者を優雅で知的な世界へ誘う魅力があります。彼の観察眼は独自でありながらも共感を呼び起こし、社会や人間関係について新たな視点を提供してくれます。彼の文章には深い洞察力がありつつも、軽妙な筆致が疲れた心をほぐしてくれるでしょう。
復刻版として再び蘇ったこの書籍は、三淵氏の知的な饗宴が凝縮されたものです。彼が描く「世間と人間」の探求は、現代社会においても色褪せることのない普遍的なテーマに触れています。読者はその中で、過去の知恵と現代の問いに対する示唆に富んだアプローチに触れることでしょう。
この書籍は知的好奇心をくすぐり、同時に心地よい読書体験を提供してくれます。三淵忠彦氏の独自の視点と言葉選びに触れることで、読者は世界をより深く理解し、豊かな思索の旅に出ることができるでしょう。


綺堂随筆 江戸に欠かせぬ創作ばなし

岡本 綺堂(OKAMOTO Kido)


岡本綺堂のペンから生まれた、まさに江戸を彩る不朽の創作エッセイ集です。この書籍は、綺堂の独特な筆致が織りなす江戸の文化と日常生活を垣間見ることができる、魅力的な一冊です。
綺堂は、江戸の街を舞台にした様々な創作物語を通して、読者に歴史の中にタイムトリップしたような感覚を提供しています。彼の筆は、江戸の風情や人々の営みを繊細に描き出し、その中に散りばめられた奇想天外なエピソードが笑いと驚きをもたらします。
綺堂の語り口はフレンドリーかつ軽妙であり、読者を堅苦しい歴史の教科書から解放します。江戸の生活や風俗に興味がない方でも、綺堂の筆致に引き込まれ、楽しさと興奮を感じることでしょう。彼の創作は、読者に歴史を学ぶだけでなく、それを楽しむ手段を提供しています。
緻密な歴史的描写とユニークなストーリーテリングが見事に融合した、知的でありながらも楽しい読書体験を約束しています。江戸時代の魅力を新たな視点から発見したい方には、是非おすすめの一冊です。


綺堂随筆 江戸っ子の身の上

岡本 綺堂(OKAMOTO Kido)


岡本綺堂の筆致によって綴られた、江戸の生活や風俗に関する魅力的なエッセイ集です。綺堂の文章は、読者を時空を超えて江戸の賑やかな街並みへと誘い込むかのような力強さがあります。
本書は、江戸時代の風情や習慣、そして江戸っ子たちの日常生活に焦点を当て、その中に隠れた智慧やユーモアを探求します。綺堂の独自の視点から描かれる江戸の人々は、まるで活気にあふれ、読者をノスタルジックな旅に誘います。
また、綺堂のユニークでフレンドリーな語り口が、読者を作中の登場人物と一体化させ、彼らの喜怒哀楽に共感を覚えさせます。彼の筆致は、歴史の中に閉じ込められたような江戸の日常を、身近で親しみやすいものとして再構築しています。
全体を通して、読者は江戸の街を歩くような感覚で、綺堂のペンから綴られたエピソードに引き込まれることでしょう。『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』は、歴史とエンターテインメントが見事に融合した、心温まる一冊です。


70年代ソウル 復刻版(ディスク・セレクション・シリーズ)

出田 圭(IDETA Kei)


音楽愛好者や時代の空気感を追い求める方にとって真に魅力的な一冊です。著者の出田圭さんが織りなす書籍は、まるでタイムマシンに乗り込んだかのような70年代ソウルの世界へ案内してくれます。
ディスク・セレクション・シリーズとして復刻されたこの書籍は、時代の流れとともに失われがちな音楽の宝石たちを蘇らせています。出田圭さんの筆致は魅力的でありながらもフレンドリーで読みやすく、読者を70年代のソウルミュージックの魅力に引き込むことでしょう。
彼の情熱的な解説と共に、70年代のソウルのアーティストや楽曲に新たな視点をもたらし、その音楽の深みに触れることができます。また、ディスク・セレクションとして厳選された楽曲は、まさに時代の息吹を感じさせ、読者を懐かしさと興奮の入り混じった音楽の旅に誘います。
この書籍は単なる音楽ファンにとどまらず、70年代のソウルシーンに興味を持つ全ての読者にとって、耳と心を満たす特別な一冊となっています。時代を超えて輝き続ける音楽の魅力を味わいたい方にお勧めの書籍です。


ヨコハマ買い出し紀行 芦奈野ひとし画集

芦奈野 ひとし(ASHINANO Hitoshi)


まるでヨコハマの街を歩いているかのような、芦奈野ひとし氏の素晴らしい視点と感性が詰まった一冊です。この画集は、贅沢なイラストと共にヨコハマの魅力に浸り、まるで買い物に出かけたかのような楽しい冒険を読者に提供しています。
芦奈野氏の描く風景やキャラクターは、独自のタッチと色使いで鮮やかに表現されており、ヨコハマの日常がどこか懐かしくも新鮮に感じられます。彼の絵には、街の活気や暖かさ、そして日常の小さな喜びが溢れており、読む者に心地よい感動をもたらします。
特に、本書にはヨコハマの街並みや商店街、さらには美味しい食べ物までが綿密なディテールで描かれています。読者はヨコハマの風景を通して、芦奈野氏が見つけた独自の視点で都市の美しさや魅力を再発見できるでしょう。
芦奈野ひとし氏の画集は、ヨコハマへの深い愛と感謝が溢れているだけでなく、彼の芸術的な才能が光る一冊です。読者はこの画集を通じて、ヨコハマの日常にほんの少しの魔法を感じ、芦奈野氏のアートの世界に引き込まれることでしょう。


数学嫌いな人のための数学(新装版)

小室 直樹(Naoki Komuro)


まさに数学が苦手だと感じる人たちに贈る、新たなる数学の扉を開く一冊です。著者の小室直樹氏が織りなす、分かりやすく、そして楽しく数学と向き合う方法が、読者に新しい視点を提供しています。
この新装版は、数学の難解なイメージを一掃し、読者を優しく誘導してくれます。小室氏の独自のアプローチは、数学を苦手と感じる人たちにとって、まるで数学の先生が優しく手を差し伸べているような感覚を与えます。概念を理解する際のストレスが軽減され、数学に対する抵抗感が解消されることでしょう。
著者は数学の重要性だけでなく、その楽しさや実用性に焦点を当て、読者に数学を身近で友好的なものとして感じさせます。また、新しい解説や視覚的な要素が加えられた新装版ならではの魅力も充実しています。
数学嫌いを克服したい方や、数学の奥深さに興味を持ちたい方にとって、心強い味方となることでしょう。小室氏のユニークでフレンドリーなアプローチは、数学が苦手な人たちに新しい数学の世界を楽しむきっかけを提供してくれることでしょう。


仮面ライダー鎧武/ガイム 特写写真集 凱旋【復刻・改訂版】

宇宙船編集部(Uchusen)


仮面ライダーファンにとって真の至宝と言える一冊です。この復刻・改訂版では、まさにガイムの魅力が余すことなく詰め込まれており、ファンにとってのガイムヘブンとなることでしょう。
特に注目すべきは、宇宙船編集部の徹底的なこだわりと情熱が感じられる写真の数々です。特写写真集ならではの迫力満点のアクションショットから、キャストたちの素顔に迫る貴重な瞬間まで、全てが網羅されています。鎧武/ガイムのキャラクターたちのカリスマ性が写真からもじんわりと伝わってきます。
また、復刻・改訂版ならではの新規追加コンテンツも見逃せません。未公開の写真や、製作秘話、キャストへのインタビューなど、ますます作品に深みが増しています。これを手に取れば、あたかも仮面ライダー鎧武/ガイムの舞台裏に立ち、その世界に没頭することができるでしょう。
キャストたちの魅力に触れたいファンにとって、この写真集はまさに欠かせない一冊。宇宙船編集部の手による渾身の仕上がりは、きっと読者を感動させ、新たな発見と共に鎧武/ガイムの魅力を再発見させてくれることでしょう。


[初版復刻]書を捨てよ、町へ出よう (寺山修司没後40年記念)

寺山 修司(TERAYAMA Shuji)


寺山修司の深遠なる思索と独自の表現が凝縮された作品であり、寺山氏の没後40年を記念して初版が復刻されたことは、文学と芸術の愛好者にとって喜ばしい瞬間です。
寺山修司の言葉はまさに魔法のようであり、読者を異次元の世界へ誘います。彼の独創的な視点と豊かな言葉遊びは、書物と町、内面と外界の対比を通して新たな発見と洞察をもたらします。初版復刻により、寺山の芸術的遺産が新しい世代にも再び広がり、その影響力がより一層感じられるでしょう。
この本はただの読書体験を超えて、寺山修司の芸術的な宇宙に浸る旅への招待状です。彼の言葉には深遠な意味と人間への洞察が込められており、読者は寺山の思考の奥深さに触れることで、新たな知識と感性を手に入れることができるでしょう。『書を捨てよ、町へ出よう』は、寺山修司の芸術的な冒険に共感し、その魅力に触れたい読者にとって、真に貴重な一冊です。


『ピカドン』(初版オリジナル復刻版)/『ピカドン』とその時代

丸木 位里・丸木 俊 (MARUKI Iri・MARUKI Toshi)


戦後の混沌とした時代に焦点を当てた素晴らしい歴史的文献です。
初版オリジナル復刻版は、まさに時の証人となる書籍であり、当時の社会や人々の思いを垣間見ることができます。丸木位里氏と丸木俊氏の筆致は、読者をその当時の雰囲気に引き込み、戦争の爪痕と復興の道のりを感じさせます。
『ピカドン』とその時代では、歴史の裏側に潜む人間ドラマや苦悩が描かれており、著者たちの独自の視点から戦後の喜びと悲しみが織り交ぜられています。両書ともに、歴史の一ページをフレンドリーで深く魅了的な言葉で綴っており、読者は当時の日本社会に思いを馳せながら感動的な旅に誘われます。


柔道の真髄 道と術

三舩 久蔵(MIFUNE Kyuzo)


三舩久蔵氏による素晴らしい柔道の世界への案内書です。この本は、柔道を単なる技の連続ではなく、心の修養と結びついた美しい武道として捉える視点を提供しています。
著者は柔道の「道」と「術」の双方に焦点を当て、技術の向上だけでなく、日常生活への応用や人間関係の築き方にも触れています。三舩氏の温かくも深い教えは、読者に向き合う相手への尊重と理解、そして自分自身との対話の重要性を教えてくれます。
文章は易しく、分かりやすい表現が魅力であり、柔道初心者から経験者まで、幅広い層にアプローチできる一冊です。柔道の技術だけでなく、その背後にある精神的な側面にも焦点を当てた本書は、柔道愛好者だけでなく、武道や人間関係に興味を抱く読者にも価値ある一冊となっています。







私のTumblr(ヒント@ベアベンチ)です


二次元バーコード

QRコード



著者名